東邦銀行について

会津漆器やスパリゾートなどで有名な福島県には、東邦銀行という地方銀行があります。東邦銀行は福島市に本店を構え、福島県の指定金融機関になっているほど県内では実力のある銀行です。福島県には、第二地方銀行の福島銀行や大東銀行、信用金庫などが同じ福島県内に本店を置いていますが、店舗数や預金額など全てにおいて東邦銀行が秀でています。その理由は、日々の丁寧な営業だけでなく、時代に合ったサービスを提供しているからです。

東邦銀行では、「仮想デスクトップシステム」という最新のネットワークシステムを導入しています。このシステムは、国内大手の電機メーカーである富士通が開発して東邦銀行に提供したもので、大量の情報をスムーズに処理することができます。東邦銀行では、タブレット端末を使って業務をしたり顧客に営業をする機会が多いのですが、それらの情報が仮想デスクトップの行内システムを経由し、仮想デスクトップサービス運用センターに送られます。システムセンターは24時間体制で管理されているのでセキュリティ面ではとても安全ですし、何かあった場合でもすぐ対応することができます。

今までは外訪先に書類を持って出向いていましたが、タブレットを利用することでより多くの情報をお客様に提供できるようになりました。また、わかりやすい図や動画なども見ることができるので、対話技術だけでは伝えきれなかった内容も補うことができます。仮想デスクトップ基盤を構築したことで、東邦銀行は業務の効率化も向上させたのです。

インターネット回線のことは難しくてよくわからないという人も多いと思います。ですから東邦銀行は、お客様が銀行を便利で快適に使えるように仮想デスクトップサービスを導入した、と考えていただければよいでしょう。その他にも、金融商品を充実させたり、各種手数料の優遇といった金融サービスも提供しているので、東邦銀行に口座を開設しておいて損はないと思います。

外部リンク

会津漆器:http://www.chuokai-fukushima.or.jp/aizushikkikumiai/
富士通:http://www.fujitsu.com/jp/

Copyright © 2015 地元重視の東邦銀行 All Rights Reserved.